fc2ブログ
   
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

「心の結」のご報告

先日行われた 「心の結」 の様子が代表さんから届きました。



第7回心の結を6月21日(日)に終えました。
今回は参加者が少なかったのですが、ゆっくりお話し出来たと思います。

先ずは、それぞれの近況をお話しいただき、その後、お写真や思い出の品を見ながらおしゃべりして、昼食。
午後は、子どもに向けて手紙を書きました。今日の今の気持ちで書き、封をした物を私がお預かりしました。次回、開けて読む予定ですが、暫く置いておくのも良いかも。

それから、前回ご提案いただいた少し早い七夕をしました。皆、願いを込めて短冊を書き飾りました。
参加のきょうだい達が、輪飾り等を作ってくれました。大人になった きょうだいで、ご出産され赤ちゃんを連れておいで下さった方は、一緒にご主人も参加して下さいました。
別室で、こどもグリーフサポートの方々と楽しく過ごせたようです。

お終いに、絵本「おばあちゃんのえほん」「たなばた」を読み、次回の日程を決め閉会しました。


201506心の結

201506心の結2



次回は11月15日(日)11時からです。
おいでを心よりお待ちいたしております。



スポンサーサイト



プロフィール

大きな木

Author:大きな木
「大きな木」と「心の結」の
二つの会について


[大きな木]

親の会「大きな木」は小児がんの子どもを持つ家族の悩みを話し合える場として設立されました。

親の会は、医療スタッフと連携しながら現在入院されている病棟の子どもたちや家族の手助けをしていきたいと考えています。

小児がんの子どもたちが偏見なく社会に出ていくことができるように働きかけていくことも会の目的の一つです。

最後に「大きな木」は「病気と向き合い闘っている子どもたちをいつも暖かく見守り育て、社会に羽ばたいていけるように応援しつづける木となりたい」という親の思いを込めて名付けられました。



[心の結]

愛する子どもを亡くした私たち。
大切な人を喪った深い悲しみは消えるものではありません。
それぞれが思いを話し、慰め合い支え合う会。
同じ悲しみを持っている人たちとなら共感し合えると思うのです。
自分の気持ちを話す、誰かに伝えることで前向きに生きられますように・・・という思いから、平成24年6月に設立されました。

心の中に結び目を作る。
それは忘れないよという‘しるし‘
沖縄では結ぶことを結(ゆい)と言うそうです。
亡くなった子どもたちが縁を結んでくれ出会った私たち。忘れないということと、人と人を結ぶ会でありますように、という二つの意味を込めて名付けました。

「大きな木」の主な活動

自転車の貸し出し        付き添いベッドの貸し出し              病棟茶話会 (月1回)          定例会 (7月・11月)                           季節の行事のお手伝い  

「心の結」の主な活動

年2回のお話会                                  

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

「大きな木」次回は・・・

「心の結」次回は・・・

 月

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる