fc2ブログ
   
11
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

2015年11月

先日、代表の山本さんからメールが届きました。
とってもとっても嬉しいメールでした。
ご本人に了承をもらいましたので転記しますね。
皆さんにも嬉しい気持ちをおすそ分けです。




お元気でしょうか?
私事ではありますが娘が今月治療終了5年という節目を迎えました。
ようやくここまでたどりつくことができました。
私自身弱音を吐くこともあり親の会のみなさんや病院のスタッフのみなさんにその都度支えていただきました。
本当にありがとうございました。


さて、お知らせですが 11月7日 に九大病院で「がんの子どもを守る会」九州北支部 講演交流会を することになりました。
小児がんの子どもたちの教育についてのお話しです。交流会では経験者への質疑応答などです。
時間場所など詳しくは「がんの子どもを守る会」九州北支部フェイスブックで検索してください。
教育についてお悩みの方はぜひ参加して下さいね。

もう1つ、まだ早いですが 11月29日 13時から2階会議室で「大きな木」定例会をします。
託児の申し込みは20日までにお願いします。
病棟お引越し前最後となりますね。たくさん思い出がつまった病院ですのでさみしくなりますが・・
それで今回は思い出話や病棟あるある話などしようと思いますのでお気軽に参加して下さいね!
それでは、寒くなり感染の季節ですので子どもたちお母さん方十分気を付けてお過ごし下さい。







5年経過
おめでとうございます。
治療中、そして経過観察になっても、 「5年」 は気が遠くなるほど先の先の事のよう。
何事もなければあっという間の年月なんでしょうが、次から次にいろんなことが起きたり気をもむこともたくさんあって、1日1日を必死に過ごしているのになかなか時間が進まない・・・そんな感じがする毎日です。
この気持ちは皆さん変わらないのではないでしょうか。

無事にこの日を迎えた★★ちゃんの存在は、みんなの勇気になり力になり目標になると思います。
これからも夢に向かって、みんなの一歩先を明るく進んで下さいね。





スポンサーサイト



プロフィール

大きな木

Author:大きな木
「大きな木」と「心の結」の
二つの会について


[大きな木]

親の会「大きな木」は小児がんの子どもを持つ家族の悩みを話し合える場として設立されました。

親の会は、医療スタッフと連携しながら現在入院されている病棟の子どもたちや家族の手助けをしていきたいと考えています。

小児がんの子どもたちが偏見なく社会に出ていくことができるように働きかけていくことも会の目的の一つです。

最後に「大きな木」は「病気と向き合い闘っている子どもたちをいつも暖かく見守り育て、社会に羽ばたいていけるように応援しつづける木となりたい」という親の思いを込めて名付けられました。



[心の結]

愛する子どもを亡くした私たち。
大切な人を喪った深い悲しみは消えるものではありません。
それぞれが思いを話し、慰め合い支え合う会。
同じ悲しみを持っている人たちとなら共感し合えると思うのです。
自分の気持ちを話す、誰かに伝えることで前向きに生きられますように・・・という思いから、平成24年6月に設立されました。

心の中に結び目を作る。
それは忘れないよという‘しるし‘
沖縄では結ぶことを結(ゆい)と言うそうです。
亡くなった子どもたちが縁を結んでくれ出会った私たち。忘れないということと、人と人を結ぶ会でありますように、という二つの意味を込めて名付けました。

「大きな木」の主な活動

自転車の貸し出し        付き添いベッドの貸し出し              病棟茶話会 (月1回)          定例会 (7月・11月)                           季節の行事のお手伝い  

「心の結」の主な活動

年2回のお話会                                  

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

「大きな木」次回は・・・

「心の結」次回は・・・

 月

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる