fc2ブログ
   
01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
27
28
29
30
31
   

2016年 記録その1

新病院外来は3月1日にオープンするそうです。

この風景もあと1ヶ月。子どもたちが頑張った、そして私たち付き添い家族も頑張った懐かしい場所を記録のために残しておきます。





まずは病院玄関
2015病院入口
このポストにお友達や地元校へのお手紙を投かんした子もいますよね。




小児科外来
2015小児科外来
退院後はこの椅子にいろんな思いで座っています。
きっとみんな同じ思い。





1西病棟前
2015病棟入口
奥を左に行くと自販機とATM 右は放射線科
夏祭りのお神輿もここを通りましたね。




くるっとうしろを振り返ると
2015中学部
院内学級 中学部
ここで高校受験にのぞんだ子もいました。
合格をみんなで喜びました。
中学部の掲示板は大人患者さんの癒しの場にもなっています。



その先が
2015売店
売店
子どものリクエストを探しに行ったな~。
子どもたちは元気になってここに行くことがひとつの目標でもありました。




自販機&ATM
201602自販機
ここもお世話になりました。




つづく


スポンサーサイト



2016年 記録その2

つづきです。



さて病棟に入りましょう。
2015病棟
自動のドアが開くとこの風景。
左側の洗面台で手を洗って消毒して・・・。



スタッフステーション
2015ステーション
朝はここのシャワー表記入から始まった人も多いのでは。



ここもお世話になりました。
2015洗濯機
洗濯機&冷蔵庫
順番待ち、洗濯物干し、冷蔵庫のチェック、
トースターで食パンをチンしたり、思い出すとキリがないです。
ここで立ち話や情報交換もたくさんしました。




院内学級小学部 なかよし
2015なかよし
たくさん笑ってたくさん泣いた子どもたち。
心の支えの場だったと思います。
楽しそうな笑い声や楽器の音が漏れてくるとほっとしたものです。
病棟外の中学部に出られない中学生も体調が整うまではここで勉強していました。





つづく


プロフィール

大きな木

Author:大きな木
「大きな木」と「心の結」の
二つの会について


[大きな木]

親の会「大きな木」は小児がんの子どもを持つ家族の悩みを話し合える場として設立されました。

親の会は、医療スタッフと連携しながら現在入院されている病棟の子どもたちや家族の手助けをしていきたいと考えています。

小児がんの子どもたちが偏見なく社会に出ていくことができるように働きかけていくことも会の目的の一つです。

最後に「大きな木」は「病気と向き合い闘っている子どもたちをいつも暖かく見守り育て、社会に羽ばたいていけるように応援しつづける木となりたい」という親の思いを込めて名付けられました。



[心の結]

愛する子どもを亡くした私たち。
大切な人を喪った深い悲しみは消えるものではありません。
それぞれが思いを話し、慰め合い支え合う会。
同じ悲しみを持っている人たちとなら共感し合えると思うのです。
自分の気持ちを話す、誰かに伝えることで前向きに生きられますように・・・という思いから、平成24年6月に設立されました。

心の中に結び目を作る。
それは忘れないよという‘しるし‘
沖縄では結ぶことを結(ゆい)と言うそうです。
亡くなった子どもたちが縁を結んでくれ出会った私たち。忘れないということと、人と人を結ぶ会でありますように、という二つの意味を込めて名付けました。

「大きな木」の主な活動

自転車の貸し出し        付き添いベッドの貸し出し              病棟茶話会 (月1回)          定例会 (7月・11月)                           季節の行事のお手伝い  

「心の結」の主な活動

年2回のお話会                                  

メールフォーム

お問い合わせはこちらからどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

「大きな木」次回は・・・

「心の結」次回は・・・

 月

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

リンク

アクセスカウンター

検索フォーム

QRコード

QR

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる